スバル・フォレスターの燃費と実燃費の差は?燃費向上する乗り方を紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がるのです。

新型フォレスターって、燃費はいくらだろう?実燃費との差ってどれくらいあるの?と気にされているかたもいらっしゃると思います。

この記事では、新型フォレスターの燃費と実燃費の差について、さらに燃費向上する乗り方についてまとめています。

是非参考になさってください。

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/special/photo.html

スポンサーリンク

スバル・フォレスターのカタログ燃費は?

新型フォレスターのエンジンは2.5L DOHC 直噴エンジン搭載モデルと2.0L DOHC 直噴+モーター(e-BOXER)搭載モデルの2種類あります。

このエンジンの違いにより、カタログ燃費は大きく2種類に分かれています。

2.5L DOHC 直噴エンジン搭載モデル

Touring/Premium/X-BREAKの3グレードが採用しているエンジン。2,0Lから2,5Lへのスペックアップにより、低速から高速までの加速が非常にスムーズになっています。

燃費:JC08モード

Touring:14.6km/L

(大型サンルーフ付きは14.4km/L

Premium:14.6km/L

(大型サンルーフ付きは14.4km/L

X-BREAK:14.6km/L

(大型サンルーフ付きは14.4km/L

燃費:WLTCモード

Touring Premium X-BREAK
WLTCモード 13.2 13.2 13.2
市街地モード
(WLTC-L)
9.6 9.6 9.6
郊外モード
(WLTC-M)
14.6 14.6 14.6
高速道路モード
(WLTC-H)
16.4 16.4 16.4

2.0L DOHC 直噴+モーター(e-BOXER)搭載モデル

Advanceグレードが採用しているエンジン。

搭載されているモータースペック

  • 最高出力:10kW(13.6PS)
  • 最大トルク:65N・m(6.6kgf・m)

スペックを見ての通り小型モーターなので出足の補助といった位置づけで、市街地などストップ&ゴーの多い場面での燃費改善に真価を発揮しています。

逆に、郊外や高速道路など高速域での利用はe-BOXERの重量増(110kg)が足かせとなり、2.5Lモデルに比べて燃費が落ちているのが気になるところです。

燃費:JC08モード

Advance:18.6km/L

燃費:WLTCモード

Advance
WLTCモード 14.2km/L
市街地モード(WLTC-L) 11.2km/L
郊外モード(WLTC-M) 14.2km/L
高速道路モード(WLTC-H) 16.0km/L
スポンサーリンク

JC08モードとWLTCモードの違い

2018年10月以降、JC08モードに変わりWLTCモードの燃費表示が義務化されました。

WLTCモードはJC08モードと比べて、より実際の利用方法に近い燃費データを提供可能な指標です。

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/special/photo.html

JC08モード

2011年4月から導入された日本独自の試験方法です。(それまでは「10・15モード」が利用されていました)

試験場にある測定器に車を載せて燃費測定するため、実際の屋外走行での数値ではありません。

また、エアコンなどの電装品は使わず、ハンドル操作無しなど、実際の利用とはかけ離れた条件のもとの測定なため、実燃費との差が大きく問題視されていました。

WLTCモード

WLTCモードは「低速」「中速」「高速」「超高速」での燃費測定が設定されています。(超高速は欧米での設定で日本にはありません)

国土交通省の資料には次のように書かれています。

WLTCモード:市街地、郊外、高速道路の各走行モードを平均的な使用時間配分で構成した国際的な走行モード

市街地モード:信号や渋滞等の影響を受ける比較的低速な走行を想定

郊外モード:信号や渋滞等の影響をあまり受けない走行を想定

高速道路モード:高速道路等での走行を想定

WLTCモードでは試験時の車両重量が増加するなど、実際の使用状態に近づけて測定します。

このためJC08モードに比べてWLTCモードではカタログ燃費が落ちる傾向があります。

スポンサーリンク

スバル・フォレスターの実燃費の口コミと燃費確認方法について

新型フォレスターはJC08モードやWLTCモードでは良好な燃費を出しているようですが、実際の燃費はどうなのか気になりますよね。

以下、各グレードごとに実燃費の口コミをまとめてみました。

Touringグレードの燃費

  • 高速でのアイサイト利用で14km/L、街乗りで8~9km/Lくらいです。
  • 300kmほどの往復走行(郊外7:高速2:都市部1)で、行きは15.3km/L、帰りは18.5km/Lでした。
  • 12km/L前後くらいです。燃費はあまり気にしていません。
  • 酷暑のなかフルエアコンでカーブとアップダウンの多い海岸沿いを走っても12km/Lでした。

Premiumグレードの燃費

  • 郊外で12km/L、高速中心で15~18km/Lです。昔のスバルに比べると良くなったと感じます。
  • 慣らし運転の街乗りで11.5km/L。今後の伸びに期待します。
  • 都内の一般道で10km/L届かないくらいです。
  • 郊外を180km走って11~12km/Lくらいです。

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/special/photo.html

X-BREAKの燃費

  • 高速メインで13~14km/Lで落ち着いています。3000回転までしか回しておらずおとなしめの運転です。
  • 街乗りの慣らし運転1000kmでの燃費が10km/Lほどです。
  • 街乗りと高速が半々で11km/Lです。
  • 市街地で渋滞気味だと6km/Lぐらい。8割高速利用で14km/Lぐらいです。

Advanceの燃費

  • 街乗りで11~13km/L、郊外や高速利用で14~17km/L。四駆でこの重量なら十分な気がします。
  • 800kmの慣らし運転で15km/Lくらいです。
  • 800km近く走って(高速9:一般1)13.7km/Lでカタログ燃費と同じくらいです。
  • 高速道路で13.5km/L、田舎の国道で14.5km/L、渋滞の少ない市街地で12km/Lぐらいで、このタイプの車では良い方だと思います。

どのグレードもWLTCモードに近い値が出ているようです。より信頼性の高い指標が採用されたことで、安心して車選びができそうです。

スバル・フォレスターの燃費向上する乗り方とは?

新型フォレスターは実燃費も良好で経済的な車だと思いますが、節約できるところはしっかり節約したいところ。

車の維持費で痛いのは税金もさることながら燃料代!でも、燃料代を惜しんで外出を控えるようでは本末転倒。

そこでフォレスターの燃費向上する乗り方について紹介します。

1:発進時のアクセルワーク

車が一番燃料を消費するのは、発進から巡航速度に達するまでの間で、一定速度で走っているときはあまり燃料は消費されません。

発進時はすみやかに加速し(急発進ではなく)巡航速度に達してからは一定の速度を保つように心がけましょう。

2:巡航時のアクセルワーク

一定速度を保ち、いかにしてブレーキを踏まないようにするかがポイントとなります。

最も大事なのは車間距離

車間距離を取らずに走っている車をたまにみかけますが、ブレーキを頻繁に踏んでいることが多いです。

燃費に悪影響出ますし危険なので控えたい乗り方です。

先行している車の加減速に影響されない車間距離を保って運転しましょう。

https://www.subaru.jp/forester/forester/special/photo.html

3:エアコンの利用は計画的に

車の暖房はエンジンの余熱を利用しているので燃費にほとんど影響はありません。

注意したいのは冷房です。冷房や除湿を利用すると燃費が1割~2割程度悪化します。

近年は酷暑続きで日中は冷房無しでは厳しいですが、朝晩の比較的涼しい時間帯は窓の開閉で凌いで燃費向上したいです。

https://www.subaru.jp/forester/forester/design/interior.html

4:タイヤの空気圧をチェック

タイヤの空気圧が低いと転がり抵抗が増し、確実に燃費が悪化します。

給油時や高速道路利用する場合にはしっかり空気圧チェックしたいです。

5:必要な荷物以外積まない

10kgの重量増で燃費がおよそ0.3%~0.5%程度悪化するそうです。これは軽自動車など軽い車ほど悪化する傾向にあります。

一度荷室をチェックして普段使わない物を載せていないかチェックしてみましょう。

https://www.subaru.jp/forester/forester/utility/utility.html

フォレスターが値引き金額から更に50万円安くなる裏技とは?

こんな悩み、ありませんか?

「買いたいけど・・・高いなぁ」
「頭金入れる余裕が・・・」
「ボーナス期待出来ないし・・・」
「値引き交渉苦手なんだよなぁ」
「ディーラー色々回るの面倒・・・」
「ディーラーの売り込みが・・・」
最安値で手に入れたいけど・・・」

などなど、フォレスターの購入を
検討しているけどいろいろと問題が

と悩んでいる方が
とても多くいらっしゃいます。

フォレスターの情報をネットや
友人から集めてもなかなか
有用な情報が得られず

家族に相談しても、
「じゃぁ安い車でいいじゃない」
と聞いてもらえなかったり・・・

そんな方にオススメの裏技
ご紹介します!!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がるのです。

スポンサーリンク