フォレスターのスペックってどうなの?加速性能や乗り心地を紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がるのです。

世界的にSUVの人気が高まる中、新型フォレスターにも注目が集まっています。

そこで気になるのがフォレスターの加速性能や乗り心地などのスペックですよね。

この記事では、新型フォレスターのスペックやおすすめのグレード、加速性能や乗り心地について紹介していきます。

スポンサーリンク

スバル・フォレスターのスペックとおすすめのグレード

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/special/photo.html

新型フォレスターはアイサイトやAWDシステム搭載し、世界トップクラスの安全性能を持ち、更に新技術『e-BOXER』を採用したことでも注目されています。

まずはその話題の技術を見てみましょう。

フォレスターのスペック:新技術 e-BOXERの特徴

 引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/driving/e-boxer.html

スバルのSUVモデル・フォレスターは最上位グレードの「Advance」で新技術『e-BOXER』が搭載されています。

『e-BOXER』はモーターとエンジンで走る仕組みになっています。

e-BOXERは低速度域ではモーターのみで走行し、エンジンは駆動しません

加速時、中速度域ではエンジンをメインに駆動し、モーターはそれをアシスト、2つのパワーユニットを駆使することで軽快な加速が楽しめます

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/driving/e-boxer.html

エンジン効率のいい高速度域ではエンジンのみを駆動し、必要に応じてモーターを回転させ、バッテリーを充電させます。

停車時及びブレーキ時は回生ブレーキを使用し、原則エネルギーを電気に変換しバッテリーを充電する事が出来ます。

燃費はJC08モードで18.6km/Lと、トップクラスの燃費なのも良い所ですね。

フォレスターのスペック:共通装備

フォレスターのグレードは4種類あります。

エンジンユニットが2.5L DOHC 直噴のTouring、Premium、X-BREAK

2.0L DOHC 直噴+モーター(e-BOXER)を搭載したAdvanceがあります。

新型フォレスター:各グレードの価格
  • Touring:2808,000円~
  • Premium:3,024,000円~
  • X-BREAK:2,916,000円~
  • Advance:3,099,600円~

全グレード共通で付いている機能は以下の4点です。

全グレード共通機能
  • AWD
  • アイサイト Ver.3
  • X-MODE
  • SI-DRIVE

何れも、新型フォレスターを世界最高水準の安全性能と悪路走破性を備えた、魅力ある車に引き上げている装備です。

標準装備なのが嬉しいですね。

フォレスターのおすすめグレード:Touring

https://www.subaru.jp/forester/forester/grade/grade.html#grade1

価格が抑えられていますが、他のグレードで標準装備されているもので、Touringには無い機能があります。

Touringではオプションの装備
  • アイサイトセイフティプラス(運転支援)
  • キーレスアクセス&プッシュスタート
  • 運転席&助手席8ウェイパワーシート

以上、3点がオプション装備になります。

仮に3点をオプションに追加した場合、162,000円必要です。

その他にもTouringが17インチアルミホイールが標準なのに対してPremiumは18インチアルミホイールが標準です。

TouringとPremiumの差が216,000円ですので、オプションを考慮するとPremiumにした方がお得感があります。

便利機能は必要なく、最低限の機能でフォレスターに乗りたい方、費用を抑えたい方にはTouringグレードがおすすめです。

フォレスターのおすすめグレード:Premium

https://www.subaru.jp/forester/forester/grade/grade.html#grade2

Touringの上位グレードになります。

先程も述べましたが、ホイールがTouringでは17インチなのに対しPremiumでは18インチになっており、サイドから見た時の印象がだいぶ変わって見えるでしょう。

Touringグレードにオプション装備を追加装着するならPremiumグレードを選択した方が断然お得感があり、機能を充実させたい方におすすめです。

フォレスターのおすすめグレード:X-BREAK

https://www.subaru.jp/forester/forester/grade/grade.html#grade3

これまでのグレードが一般ユーザー向けなのに対して、X-BREAKは少しこだわりのあるユーザー向けのグレードなります。

エクステリアはフロントバンパーやサイドスカート、リアバンパーにオレンジのボーダーラインが入りよりアクティブな印象を受けます

さらにインテリアの装備の本グレードのみの標準装備があります。

X-BREAKのみの標準装備
  • レッドオレンジステッチ/レッドオレンジ加飾

  • 撥水シート

  • 撥水カーゴフロアボード(ラゲッジスムーザー機能付き)
  • ルーフレール

以上、4点がX-BREAKのみの標準装備です。

他のグレードに比べて、アクティブ全快のエクステリアに仕上がっていますね。

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/design/interior.html

実用面でもアクティブなユーザーに向いています。

特に、撥水シート及び撥水カーゴフロアボードはキャンプ、サーフィン、スノーボード等に使用しても、水や雪を落とすことなくラゲッジに積み込めます

価格は2,916,000円~で、AdvancePremiumに近い価格になりますが、他のグレードには無い装備でレジャーを満喫したい方にはX-BREAKがおすすめです。

フォレスターのおすすめグレード:Advance

https://www.subaru.jp/forester/forester/grade/grade.html#grade4

今回登場したグレードの中で最も目玉のグレードになり、なんといってもAdvanceのみに搭載されたe-BOXERが見どころです。

e-BOXERはモーターがエンジンをアシストするため、低速域ではほぼエンジンが駆動せず、JC08モードで18.6km/Lと、低燃費でランニングコストを抑えるのにおすすめです。

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/driving/e-boxer.html

またAdvanceのみに標準装備されている機能もあります。

Advance標準装備
  • ECOクルーズコントロール

  • ドライバーモニタリングシステム

  • 車両接近通報装置

ドライバーモニタリングシステムは運転席に乗車するとセンターディスプレー上部に設置されたカメラが顔を認証します。

走行中に一定時間目を閉じたり、顔の向きを前方から大きくそらしたりするなど、ドライバーが眠気や不注意があるとシステムが判断した場合、警報音や警告表示で注意を喚起してくれます

クルマがドライバーを常に見守り、安全運転をサポートします。

ドライバーモニタリングシステム

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/safety/safety2_3.html

なお、あらかじめ運転者のシートポジションやドアミラー位置などを設定しておくことで、乗車した際に自動で設定位置へ変更してくれるおもてなし機能も付いています。

価格は3,099,600円~で最高額ですが、標準装備されている機能とe-BOXERの搭載からしてみると決して高いとは言えないでしょう。

先進技術を堪能したい方にAdvanceはおすすめのグレードです。

スポンサーリンク

スバル・フォレスターの加速性能

信号待ちからの踏み出しや高速走行時の追い越しの時などは、スムーズな加速をしてストレスなく運転したいですよね。

これは車選びの際の重要な要素の一つだと思います。

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/driving/platform.html

新型フォレスターは2種類のエンジンユニットがグレード別にあります。

新型フォレスター:エンジンスペック

2.0L DOHC直噴+e-BOXERのエンジンユニットは内燃機関のスペックとしては一般的なレベルです。

しかしそこに低速時のパワー不足をe-BOXERがカバーする形となっており、街中での信号待ちからの発進が多い所ではスムーズに加速できます

新型フォレスターの2.5L 直噴エンジン

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/driving/2.5engine.html

2.5L DOHC直噴エンジンでは、最大出力・トルクともにe-BOXER搭載モデルの数値を上回っています

街中での走行でも発進時のトルクが太いので軽快な加速が味わえるほか、高速走行時でもストレスなく加速し、追い越しの時など大いに活躍してくれるでしょう。

スポンサーリンク

スバル・フォレスターの乗り心地

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/design/exterior.html

新型フォレスターはシャシーが現行インプレッサから採用されているスバルの次世代プラットフォーム:スバルグローバルプラットフォームが採用されています。

 

そのため、衝突安全性能の向上はもちろん、操縦安定性も高いです。

街の交差点からのワインディングや悪路や雨などの悪天候下でもドライバーに忠実なハンドリングを可能としています。

コーナリングでのロールも抑えられており、サスペンションの動きもスムーズです。

路面の凹凸を吸収してくれてゴツゴツした突き上げはなく、乗り心地もとても良くなっています

フォレスターのスペック、加速性能や乗り心地まとめ

スバルの新型フォレスターについて、見所や最新機能、スペック、加速性能や乗り心地についてまとめてきました。

最近の車は先進装備が充実しており、スバルのアイサイトも車や歩行者を検知します。

一定の速度で走った場合に自動でブレーキをかけて停止したり衝突を軽減してくれる機能もあり、ひと昔前の車では考えられなかった機能がたくさん備わっています

アイサイト:ツーリングアシスト

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/safety/safety2_1.html

私自身も最初は本当に止まるのか心配で試乗にも行けませんでした。

しかしある日、知人の先進装備付きの車を運転させてもらい、その機能を体験して本当に驚きました。

百聞は一見に如かずという言葉もあります。

興味を持たれた方は、一度試乗体験してみてくださいね。

アイキャッチ引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/special/photo.html

フォレスターが値引き金額から更に50万円安くなる裏技とは?

こんな悩み、ありませんか?

「買いたいけど・・・高いなぁ」
「頭金入れる余裕が・・・」
「ボーナス期待出来ないし・・・」
「値引き交渉苦手なんだよなぁ」
「ディーラー色々回るの面倒・・・」
「ディーラーの売り込みが・・・」
最安値で手に入れたいけど・・・」

などなど、フォレスターの購入を
検討しているけどいろいろと問題が

と悩んでいる方が
とても多くいらっしゃいます。

フォレスターの情報をネットや
友人から集めてもなかなか
有用な情報が得られず

家族に相談しても、
「じゃぁ安い車でいいじゃない」
と聞いてもらえなかったり・・・

そんな方にオススメの裏技
ご紹介します!!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がるのです。

スポンサーリンク