スバル・フォレスターのサイズ比較・サイズ感ってどうなの?

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がるのです。

車選びで注目する一つにサイズがありますよね。

取り回しの良いサイズなのか?荷室の利便性はどうなのか?などなど・・・

この記事では新型フォレスターのサイズや荷室の広さ、ユーティリティについてご紹介します。

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/design/exterior.html

スポンサーリンク

スバル・フォレスターの大きさってどれくらい?

フォレスターの外側のサイズと室内寸法をご紹介します。

全長・全幅・全高

新型フォレスターのサイズは、全長4625mm・全幅1815mm・全高1730mm(ルーフレール装着車)になります。

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/spec/spec.html

全高はルーフレール装着車が1730mm、ルーフレール未装着車が1715mmになっています。

「X-BREAK」のグレードはルーフレールが標準装備ですので、1730mmのみになります。

東京都内の駐車場は機械式立体駐車場が多いのですが、その多くは高さ制限が1550mm前後なので

残念ながらほとんどの機械式立体駐車場には入れません。

駐車場スペースに困らない方ならその分荷室などの容量が大きく、サイズに見合う恩恵を受けれるでしょう。

室内長・室内幅・室内高

室内長2110mm・室内幅1545mm・室内高1270mmとなっています。

室内高が1270mmと高めに設定されていますので、乗車した際の頭上の空間に余裕があり窮屈さはあまり感じられません。

室内長は「e-BOXER」グレードのみ2100mmとなり、グレードによって全長などに若干の差がありますが、ほぼ変わりません。

スポンサーリンク

スバル・フォレスターのユーティリティについて紹介します!

フォレスターの後部座席の便利機能や、ラゲッジスペースの使用感を紹介します。

スバルの内装は昔は評判がよくありませんでした。

しかし、現行インプレッサの発売からデザインが「ダイナミック×ソリッド」が採用され、質感が大幅に向上しており、他メーカーの車と比べても遜色ない程度に仕上がっています。

寧ろ他メーカーより質感は良くなっています。

新型フォレスターにもそれは踏襲されており、細部まで質感の向上が見られます。

後部座席

フォレスターの後部座席のコンソールボックスにはエアコンの吹出し口の他、USB電源やシートヒーターボタンが付いています。

エアコンの風が直接後部座席にも吹くので前後の座席での温度差を均一にする事が出来ます。

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/utility/utility.html

私の持っている車では後部座席に吹出し口が無く、真夏に冷房を強めに付けていたつもりが後部座席に乗っていた人にまで全然届いておらず、後から車内が暑すぎるなんて言われた事があったので個人的にとても羨ましい機能です。

USB電源は最近のスマートフォンの普及により電源の需要が一層ましており、移動中に充電したいなんてことも多いのではないでしょうか?

そんな時にわざわざ運転席側からコードを伸ばしてくる必要もないのでとても便利な機能です。

フロントシートバックポケットは運転席や助手席の後ろにポケットがあり、書類やスマートフォンなどを収納出来るようになっています。

意外にも車内には小物類の収納スペースが少ないので、走行中に座席に置いて揺れて落ちてしまうなんて事もありますのでちょっとした便利機能です。

ラゲッジスペース

SUV車の長所の一つといえば荷室の広さがあります。

開口幅は最大部で1300mmもあり、先代フォレスターは1166mmでしたので大幅な拡大になっています。

また、積載容量も520Lで先代フォレスターは505Lでしたので容量も大幅な拡大がされています。

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/utility/utility.html

ホイールハウス後方の幅が1585mmもあり、ゴルフバッグが横置きで乗せることが出来ます。

また、多彩なシートアレンジにより後部座席を倒すことでスキーやスノーボードなどの長物も余裕で乗せることが出来ます。

家具などの大きい物の買い物や大荷物を乗せるレジャーやアウトドアなどで大活躍します。

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/utility/utility.html

ラゲッジスペースにはカーゴフロアマルチボックスという通常のラゲッジスペースの床下にも収納スペースがあります。

昔はパンク時のスペアタイヤを乗せる場所でしたが、最近ではパンク時の応急キットが備えられており、もともとスペアタイヤがあったところが収納スペースとなっています。

しかし大容量なのは「Touring」、「Premium」、「X-BREAK」グレードのみで「Advance」グレードは大幅に減ってしまいます

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/utility/utility.html

後部座席を全て倒すことでロードバイクなどの自転車をタイヤを付けたまま乗せることが出来ます。

リアゲートの内側にはフックが付いており、開いたところの上にハンガーなどを掛けることが出来、ちょっとした機能でもスバルのユーザーに対する気配りが感じられます。

アクティブなスバルユーザーの期待に応える機能が満載です。

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/design/exterior.html

スポンサーリンク

スバル・フォレスターのサイズ比較を紹介します!

先代フォレスターと新型フォレスターのサイズを比較してみます。

新型と先代で同じグレードであるX-BREAKで比較します。

新型フォレスター 先代フォレスター
全長(mm) 4625 4610
全幅(mm) 1815 1795
全高(mm) 1730 1735
ホイールベース(mm) 2670 2640

新型フォレスターはホイールベースが2670mmあり、先代フォレスターと比べて30mmもアップしていますので室内長の拡大と走行安定性も抜群です。

全長は15mmと全幅は20mm伸びていますが、全高は5mm低くなっています。

全長が伸びたことで、後部座席の膝部分に少し余裕がありますので、乗車時にも膝が助手席や運転席につっかえること無く乗車することが出来ます。

概ね全体が一回り大きくなっていますが、走行時に気になる程のサイズアップにはなっていません。

日本では取り回しがしやすいサイズとなっています。

まとめ

SUV車を選ぶ理由としてデザインや走行性能などの基準で選ぶユーザーも多くいますが、SUV車ならではの走破性の高さや積載容量の大きさを重視するユーザーも数多くいます。

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/design/exterior.html

アウトドアが趣味なユーザーの中には山道などの未舗装路を走ったり降雪地帯では雪道の心配などもあると思います。

しかしフォレスターは最低地上高220mmもあるので大雪の降った道路でも安心して走行することが出来ます。

このようにフォレスターはユーザーの使用用途を想定し、ユーザビリティを常に向上しており、これがスバルの車に乗っていれば悪路でも安心して走ることが出来るという安心感につながっています。

フォレスターが値引き金額から更に50万円安くなる裏技とは?

こんな悩み、ありませんか?

「買いたいけど・・・高いなぁ」
「頭金入れる余裕が・・・」
「ボーナス期待出来ないし・・・」
「値引き交渉苦手なんだよなぁ」
「ディーラー色々回るの面倒・・・」
「ディーラーの売り込みが・・・」
最安値で手に入れたいけど・・・」

などなど、フォレスターの購入を
検討しているけどいろいろと問題が

と悩んでいる方が
とても多くいらっしゃいます。

フォレスターの情報をネットや
友人から集めてもなかなか
有用な情報が得られず

家族に相談しても、
「じゃぁ安い車でいいじゃない」
と聞いてもらえなかったり・・・

そんな方にオススメの裏技
ご紹介します!!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がるのです。

スポンサーリンク