スバル・フォレスターの外寸・外装情報!機械式駐車場に駐車できるの?

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がるのです。

悪路の走破性も折り紙つきなスバル・フォレスターですが、市街地でもよく映える洗練されたSUVに仕上がっています。

市街地で運転する際、運転しやすい大きさ・外寸なのか?機械式駐車場に入るのか?といった点が気になりますよね。

この記事では新型フォレスターの外寸・外装情報や機械式駐車場に駐車出来るのかについてご紹介しています。

アイキャッチ引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/special/photo.html

スポンサーリンク

スバル・フォレスターの外寸(横幅・長さ・車高)情報まとめ

車体の大枠である前後左右のサイズを見てみましょう。

  • 車体全幅:1,815mm
  • 車体全長:4,625mm
  • 車体全高:1,730mm(ルーフレール非装着車は1,715mm)
  • ホイールベース:2,670mm

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/utility/utility.html

となっています。

また、最小回転半径が5.4mとなっており、SUVならではの高い視認性と相まってとても扱いやすくなってます。

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/utility/utility.html

市街地での狭い道路や住宅密集地でも取り回しが楽で、とても日本の住環境に適したサイズです。

ちなみに、よく比較される日産・エクストレイルのサイズ、及び最小回転半径は次のようになってます。

日産・エクストレイルの車体サイズ

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/x-trail/specifications.html

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/x-trail/specifications.html

※イラストは5人乗りグレードです

  • 車体全幅:1,820mm
  • 車体全長:4,690mm
  • 車体全高:1,740mm
  • ホイールベース:2,705mm
  • 最小回転半径:5.6m

ひとまわり、日産・エクストレイルの方がボディサイズが大きくなっているようです。

そのため、フォレスターに比べて最小回転半径が0.2mほど大きくなっています。

スポンサーリンク

スバル・フォレスターって機械式駐車場に駐車できる?

取り回しにそれほど気を遣わなくてもよいフォレスターですが、機械式駐車場への駐車はどうでしょうか。

機械式駐車場とは、いわゆる『立体駐車場』のひとつで、昇降機とパレットと呼ばれる車を運んでくれるマシーンによって機械的に車を出し入れ出来る駐車場の事をいいます。

カプセルホテルのような作りで、主に建物内や地下にあることが多い駐車場です。

駐車スペースが上下左右に設けられていて、限られたスペースに多くの車を駐車できるメリットがあるので、都心のマンションなどに多く採用されています。

その機械式駐車場の1台当たりの駐車スペースですが、メーカーによって様々なサイズとなっているため、一概には言えない状況です。

そのため、機械式駐車場に駐車する際には、万が一にも傷が付かないように、出入り口に記載してある駐車可能な車のサイズとご自分のお車のサイズをよく確認する必要があります。

ちなみに、スバル・フォレスターの全幅は1,815mmとなっており、機械式駐車場によっては駐車できない可能性もあるサイズとなっています。

機械式駐車場に駐車の際はくれぐれもご自身の車のサイズを確認してから駐車してくださいね。

スポンサーリンク

スバル・フォレスターの外装, 外装パーツ情報

新型フォレスターをもっと格好よく仕上げる外装パーツを以下にまとめました。

参考になさってください。

フロントグリル(メッキ/ピアノブラック調) 41,580円

引用:https://www.subaru.jp/accessory/forester/exterior/

スポーティさを演出する作りで、かつ、さりげなくアダルトな印象を増しているのがグッドですね。

ドアミラーセット(クロームメッキ/ブラックメッキ) 29,160円

引用:https://www.subaru.jp/accessory/forester/exterior/

どちらもメッキということもあり、かなり光沢のある仕上がりです。

私は断然、ブラックメッキをオススメします!

なにより存在感があり、とてもいいアクセントになっています。

ただ、ブラックなので汚れ、傷が目立ちやすいので日頃の管理にも注意が必要です。

ドアバイザー 24,840円 光輝モール付:33,480円

引用:https://www.subaru.jp/accessory/forester/exterior/

こちら、オススメは光輝モール付の方です。

主張しすぎない中にも、黒く走るラインがしっかりとしたアクセントになっています。

この装備はあるとないでは使い勝手が大分変わってきます。

特に、悪天候時。

外気を取り込んでいても空気の入れ換え等で窓を開ける時がありますが、そんな時に生憎の天気だったら・・・

ドアバイザーが無いと少しの隙間からでも車内に雨、雪等が入ってしまいます。

でも、ドアバイザーが付いているとそんな状況から解放されます

スバルと言えばサッシュレスドアのイメージを持たれる方もいると思いますが、このデザインと機能性を考えるとドアバイザーを付ける価値は十分にありそうですね。

STI アルミホイール 17インチ:183,600円 18インチ:196,560円

引用:https://www.subaru.jp/accessory/forester/sti/

おしゃれは足元から、という言葉もありますので是非、予算がつく方はオススメします。

このなかでは18インチ・ガンメタがオススメです。

目立つ色ではありませんが、ホイールにガリキズをつけてしまった場合でも、綺麗に修復出来て傷跡が目立ちにくいのが利点です。

STI フレキシブルタワーバー 35,640円

引用:https://www.subaru.jp/accessory/forester/sti/

STI フレキシブルタワーバーをエンジンルーム内に設置するとボディの剛性が上がります。

ボディの剛性が上がると走行中のボディの捻じれやよじれが軽減され、車の運動性能が上がります。

スバル車購入した際、実際にこのSTI フレキシブルタワーバーをオプションで付けました。

試乗車に乗った時と比べて少し硬い乗り心地になりましたが、コーナリング時の安定度が増し、高速道路や峠道でのコーナリングでも思い通りのラインを走りやすくなった印象です。

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/special/photo.html

もちろん装着した場合のデメリットもあります。

もし事故を起こしてしまった場合・・・特にフロント部分からぶつかってしまうような事故の場合です。

当たり所が悪いと、このタワーバーがエンジンルーム内部から外側にボディを突き破って飛び出してしまうことがあります。

タワーバーを付けていなければ、大掛かりな修復にならずにすんだかもしれない事故も、大掛かりな修理になり痛い出費になることも。

逆に、タワーバーを付けて剛性が上がっているお蔭で、車のフレーム、骨格部分への影響がほぼ無い状態で修復可能ということもあります。

何れにしても、事故を起こさないような安全運転を心がけることが重要ですね。

まとめ

大型化が進むSUVの中で新型フォレスターは比較的ボディサイズがコンパクトで取り回しがしやすい印象です。

フォレスター・エクストレイル車体サイズ比較

フォレスター エクストレイル
車体全幅 1,815mm 1,820mm
車体全長 4,625mm 4,690mm
車体全高 1,730mm 1,740mm
ホイールベース 2,670mm 2,705mm
最小回転半径 5.4m 5.6m

市街地での利用が多い場合とても嬉しいですね。

しかし、一般的には大きめの車となりますので、機械式駐車場に駐車する際には、ボディサイズをしっかり確認してくださいね。

新型フォレスターをより魅力的に出来るおススメ外装パーツは以下となります。

  • フロントグリル(メッキ/ピアノブラック調) 41,580円
  • ドアミラーセット(クロームメッキ/ブラックメッキ) 29,160円
  • ドアバイザー 24,840円 光輝モール付:33,480円
  • STI アルミホイール 17インチ:183,600円 18インチ:196,560円

フォレスターが値引き金額から更に50万円安くなる裏技とは?

こんな悩み、ありませんか?

「買いたいけど・・・高いなぁ」
「頭金入れる余裕が・・・」
「ボーナス期待出来ないし・・・」
「値引き交渉苦手なんだよなぁ」
「ディーラー色々回るの面倒・・・」
「ディーラーの売り込みが・・・」
最安値で手に入れたいけど・・・」

などなど、フォレスターの購入を
検討しているけどいろいろと問題が

と悩んでいる方が
とても多くいらっしゃいます。

フォレスターの情報をネットや
友人から集めてもなかなか
有用な情報が得られず

家族に相談しても、
「じゃぁ安い車でいいじゃない」
と聞いてもらえなかったり・・・

そんな方にオススメの裏技
ご紹介します!!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がるのです。

スポンサーリンク