スバル・フォレスターの安全性はどう?自動ブレーキ(アイサイト)や横滑り防止機能情報まとめ!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がるのです。

最近の車の安全性技術の向上は目覚ましいですよね。

この記事では新型フォレスターの自動ブレーキシステム(アイサイト)や、横滑り防止機能についてご紹介します。

スポンサーリンク

スバル・フォレスターって運転しやすい?運転しにくい?

SUVの良い所は、運転席が高く遠くまで見やすい所ですが、逆に短所としては車高が高く、コーナリング時のロールが気になるところです。

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/driving/platform.html

しかしフォレスターは新プラットフォーム(スバルグローバルプラットフォーム)の採用で低重心化されており、カーブや街中の交差点でのワインディングでロールを気にせず曲がることが出来ます。

また、スバル伝統のシンメトリカルAWDはその名の通り、エンジンの位置が左右対称にあり、悪路を走行した際でも安定したハンドリングを保つ事が出来ます。

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/driving/performance.html

 

スポンサーリンク

スバル・フォレスターの安全装備はどう?自動ブレーキってどうなの?

日々技術が進歩し、安全性能もひと昔前に比べて格段に向上している自動車業界ですが、その中でもスバルは安全に車を運転する為にあらゆる技術を開発しており、様々な事故を低減させる装備がありあす。

代表的なのはアイサイトですが、その他にもあらゆる安全装備を備えています。

私が学生だった頃、アイサイト装備の車に試乗して自動ブレーキ体験をするテレビCMを見てとても衝撃だったのをよく覚えています。

今だからこそ自動運転が身近に感じられますが、当時はまだ自動運転がまだまだ未来の話で車が自動で動く・制御する事にとても新鮮で感動を覚えました。

フォレスターの安全性

新型フォレスターは新プラットフォーム(スバルグローバルプラットフォーム)の採用により、車体剛性の向上やフレームワークの最適化により全方向からの衝突エネルギー吸収率を向上し、衝突安全性が大幅に高くなっています

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/safety/safety3.html

衝突による室内の変形を防止し、同乗者の安全を守ります。

また、万が一衝突してしまった場合はエンジンをフロア下にもぐりやすい構造になっておりエンジンが室内に入り込み同乗者に与えるダメージを軽減してくれます。

起こらない事が第一ですが、追突などの貰い事故もありますので安心の構造です。

歩行者保護エアバッグ

万が一歩行者と衝突してしまった場合、フロントバンパーに設置されているセンサーが衝撃を検知し、フロントガラス周辺から外側に向かってエアバッグが作動し、歩行者の頭部への衝撃を緩和します。

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/safety/safety3.html

警察庁交通局の発表によると、平成29年度の交通事故は約9万件です。

その内自動車と歩行者の接触事故の割合が約3%でおよそ2500件と、数値だけで見ると少ないように見えますが、発生していることは事実です。

1日あたり約7件も発生していることになります。

事故は無いに越したことはないでしょうが、絶対はありません。

万が一に備えてこういった安全技術を検討するのもいいかと思います。

アイサイト Ver.3

言わずと知れた安全装備で代表的な機能は自動ブレーキです。

その他にもツーリングアシストなど、運転サポートをする機能もありますが、ここでは自動ブレーキ機能に絞って紹介します。

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/safety/safety2_1.html

私の周りでも「アイサイトは歩行者や自動車にぶつかりそうになったら自動でブレーキをかける機能でしょ?」ってよく言われますが、それだけではないんです。

後退時自動ブレーキシステム

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/safety/safety2_1.html

車体後部に設置されたソナーセンサーが障害物を検知し、衝突を回避又は軽減する機能です。

車止めが無い駐車場で壁などにぶつかりそうになった時に機能してくれます。

AT誤発進抑制制御&AT誤後進抑制制御

例えばコンビニに駐車していた場合、後退で出ようとシフトレバーをRレンジではなくDレンジに入れてしまった場合、前方の障害物を検知し、エンジン出力を抑制してくれます。

その他にRレンジで後退しようとした際にアクセルの急激な踏み込みを検知し、後退時の飛び出し抑制をしてくれます。

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/safety/safety2_1.html

最近高齢者がブレーキとアクセルを踏み間違えて店舗などに衝突してしまう事故が相次いでいますが、決して年齢の問題だけではありません。

普段間違えない人でも何かの拍子につい間違えてしまう事もありますので、そうした際にとても役に立つ機能です。

万が一店舗に衝突してしまって死傷者が出てしまった時にはついうっかりでは済まされない大変な事態になってしまいます。

そんな時にこの機能があれば万が一の時に安心です。

スポンサーリンク

スバル・フォレスターの横滑り防止機能ってどうなの?

フォレスターにはVDC(ビークルダイナミクスコントロール)機能とアクティブ・トルク・ベクタリング機能が全車に標準装備されています。

VDC(ビークルダイナミクスコントロール)

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/safety/safety1.html

雨天などの際にカーブを曲がると挙動が不安定になってしまい、大きく外側に膨らんだり、逆に内側に入りすぎてしまう場合があります。

その際にVDCは不安定な挙動を抑え、4輪個別でブレーキ制御を行ってくれます。

アクティブ・トルク・ベクタリング

コーナーを曲がる際に内側のタイヤにブレーキをかけることで相対的に外側のタイヤの駆動力を大きくすることで旋回しやすくなります。

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/safety/safety1.html

SUV車は構造の特性上、車重が重く、重心が高くなります。

カーブを曲がる時など、遠心力に負けてしまいそうになりますが、アクティブ・トルク・ベクタリング機能でタイヤの駆動を制御することで旋回も容易にできます。

まとめ

今回は安全性能をメインにご紹介しました。

ここ数年で自動車による交通事故は減少傾向にあります。

その要因の一つとして、自動車技術の向上で安全機能が充実したのもあります。

その結果、スバルグローバルプラットフォームなどのフレーム剛性の向上による追突や衝突時の乗車員の安全の確保ができます。

引用:https://www.subaru.jp/brand/technology/technology/driving_sgp.html

普通に車を運転している際に前方車の急なブレーキや歩行者の飛び出しなど、ヒヤリとした経験が一度はあると思います。

そんな時にご紹介した新型フォレスターのような安全装備搭載車両を利用していれば、事故を未然に防げますし、起こったとしても大幅に軽減することができます。

最近は安全装備が標準設定されている車種が増え、今まで手の届かなかった機能が充実しています。

新型フォレスターはその安全技術の先駆け的存在です。

是非ご購入の際の判断材料となさってください。

フォレスターが値引き金額から更に50万円安くなる裏技とは?

こんな悩み、ありませんか?

「買いたいけど・・・高いなぁ」
「頭金入れる余裕が・・・」
「ボーナス期待出来ないし・・・」
「値引き交渉苦手なんだよなぁ」
「ディーラー色々回るの面倒・・・」
「ディーラーの売り込みが・・・」
最安値で手に入れたいけど・・・」

などなど、フォレスターの購入を
検討しているけどいろいろと問題が

と悩んでいる方が
とても多くいらっしゃいます。

フォレスターの情報をネットや
友人から集めてもなかなか
有用な情報が得られず

家族に相談しても、
「じゃぁ安い車でいいじゃない」
と聞いてもらえなかったり・・・

そんな方にオススメの裏技
ご紹介します!!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がるのです。

スポンサーリンク