スバル・フォレスターのオイル交換時期・オイル量紹介!オイル粘度はどうなの?

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がるのです。

車を所持する際、気をつけなければならないのがメンテナンスです。

特にエンジンオイルの劣化は車のコンディションに大きな影響が出てしまいます。

この記事ではフォレスターのオイル交換時期やオイル量についてご紹介しています。

スポンサーリンク

スバル・フォレスターのエンジン不調対策!オイル交換時期は?

スバル・フォレスターだけでなく、すべての車に言えることですが、エンジントラブルの大きな原因の一つがエンジンオイルによって引き起こされています。

 

よく、人間に置き換えて説明されますが、車のエンジンは、人間で言うと心臓のようなものです。

そしてエンジンオイルは、血液と同じような働きをします。

このエンジンオイルは適切な時期に、適切な量を交換し続けていくことが、愛車を無用なトラブルから守る、日頃からのメンテナンスになります。

 

でも、免許取立ての方やあまり車に詳しくない方の中には、『エンジンオイルって交換しなきゃいけないのはわかってるんだけどね・・・』と、億劫になってしまう方もおられます。

車屋さんに聞いた話では、メンテナンスを一切せず、エンジンオイルが空になった状態で車を乗り続けて、取り返しのつかない状態までいった方もいるそうです。

私も免許取立てで車の知識があまり無いときは、エンジンオイルについて特に気にかけていませんでした。

しかし、車を長く大事に乗る際に一番大事なメンテナンスがエンジンオイル交換なんです。

そもそもエンジンオイルってどんな働きするの?

冒頭でも軽くふれましたが、エンジンオイルとは血液のようなものです。

ガソリンの爆発によってピストンと呼ばれる物をシリンダーと呼ばれる筒状の中で繰り返し動かし続けることで、その運動エネルギーをタイヤに伝えて車は走っています。

イメージとしては、注射器の針がないものがエンジン内部に4個から8個くらいあって、それぞれの注射器の内部でガソリンが爆発して注射器を動かしている感じですね。

そもそもエンジンは鉄の塊ですよね?

その鉄の塊が何万回も爆発によって動かされ続けることを想像してみてください。

 

『すごい摩擦が起きていること』や『金属どうしでぶつかり合うことでエンジン内部自体が削れること』が想像できます。

そこで、エンジンオイルの出番です。

自転車のチェーンや家のドアのヒンジ部分に適量塗布されている油と同じ働きをエンジンオイルはしてくれます。

エンジンオイルは金属どうしの摩擦の軽減をして金属の磨耗を防いでくれます。

多少の金属片等はどうしても発生しますが、それらも適切にエンジンオイルを交換することで、エンジンオイルと一緒に排出できます。

不純物もエンジンオイルは取り込んでくれて、エンジン内部にそういったものが蓄積されることも防いでくれています。

このようにエンジンオイルはとても大切な役割があるんですね。

じゃあエンジンオイルはいつ交換するの?

人間の血液は、毎日新しいものが私達の身体の中で製造されて、古くなった血液は尿等で排出されてます。

同様にエンジンオイルも短いサイクルで交換することが望ましいですが、費用面で考えると現実的ではありません。

少し前まではエンジンオイルの交換時期は『3,000kmか3ヶ月のどちらか早く到達した場合』とされていることが多かったです。

しかし最近の傾向は交換サイクルは伸びているようです。

新型フォレスターでは、メンテナンスノートに10,000kmもしくは1年毎に交換と記載されており、かなりメンテナンスフリーになっています。

エンジン自体の性能とオイルの性能が上がっているからこそ、昔に比べて日頃のメンテナンスが減っているのでしょう。

車のメーカーや、オイルメーカーの努力の賜物です。

と言っても上記の交換時期はあくまで目安です。

下記のような過酷な条件で使用される場合は交換時期は通常の半分まで短縮される場合もあります。

  • 悪路走行が多い
  • アップダウンを交互に繰り返すような道路での走行が多い
  • 1年間で約20,000km以上の走行距離がある

ご自分の利用状況にあわせて適切なメンテナンスをしてくださいね。

スポンサーリンク

スバル・フォレスターのオイル量・オイル粘度

スバル・フォレスターのメーカー推奨オイル交換時期もわかったところで、今度は交換するオイルについて見てみましょう。

フォレスターの適正オイル量

先ほど、エンジンオイルは血液と同じような働きをする、と説明させていただきました。

そのエンジンオイルの量について人間の血液を例に考えてみます。

仮に、必要以上に血液が体内に入っていた場合、身体のあらゆる場所に負荷がかかります。

本来許容できる容量を超えているのですから当然ですよね。

また、その血液を送り出す心臓にも相当な負荷がかかります。

先ほどの血管と同じように許容量以上のものを送り続けるわけですから当然ですよね。

では、逆に少なすぎるとどうでしょうか。

血液は、体内を循環して身体の様々な場所に栄養を届けたり、不要物を回収したりととても働き者です。

こんな働き者が、本来の量より少なくなってしまったら・・・

栄養が行き渡らなくなり、さらに不要物の回収が間に合わなくなって、体の各器官に深刻なダメージを負うことにもなりかねません。

これと同じことが車のオイル量についても当てはまります。

車を長く大事に乗るためには、こまめなエンジンオイルの交換が大事ですが、過不足無く適切なオイル量を保つことも忘れないでくださいね。

新型フォレスターのオイル量

  • オイル:4.0L
  • オイル+フィルター:4.2L

フォレスターのエンジンオイルの粘度

エンジンオイルの粘度(ねんど)とは、エンジンオイルの硬さ(垂れ落ちるスピード)のことです。

エンジンオイルではありませんが例えば、呉工業株式会社様のKURE 5-26(クレ556)はとてもサラサラしていて、オイルの粘度としては『軟らかい』部類になります。

反対に、『硬い』オイルにグリスがあります。バイクのチェーン等に使用されていたりしますね。

このように、様々な粘度のオイルが存在している中で、スバル・フォレスターで採用されている純正オイルの粘度は0W-20です。

左側:0W

この数字が小さいほど、低温時に柔らかいオイルとなり、寒さに強く、燃焼効率が良い特性を持ちます。

0W~20Wが目安です。

フォレスターは0Wを採用しており冬向きな仕様になっています。

右側:20

この数字が大きいほど、高温時に硬いオイルとなり、熱につよくスポーツ走行に優れた特性をもちます。

20~60が目安です。

フォレスターは20で柔らかいエンジンオイルを採用していると言えます。

フォレスターが採用している純正オイルの粘度:0W-20は一般的に省燃費オイルと呼ばれています。

とても粘度が低いオイルで環境性能や省燃費性能の向上に貢献しています。

スポンサーリンク

スバル・フォレスターのオイル交換費用はどれくらい?

エンジンオイルの交換がとても大事なことがわかりましたが、次に気になるのは交換費用です。

そこでエンジンオイル交換の費用について見てみましょう。

ディーラー(販売店)での交換の場合

  • 8,000円~10,000円

カー用品店、ガソリンスタンド等

  • 6,000円~8,000円

 

もちろん、地域やその店舗の方針等もあり、交換費用はさらにばらつきます。

私がお世話になっている車屋さんでは、4L程度のエンジンオイル交換が4000~5000円程度で、随分安く抑えてもらっています。

オイル交換費用を安く抑える方法

当然のことながら自分で交換(DIY)が低コスト最強です。

ですが、この方法を行う前提として、

  1. オイル交換をする場所の確保
  2. オイル交換をするための道具を揃える(古いオイルの専用処理用具、ジャッキアップ等)
  3. オイル交換をするための知識

が必要になってきます。

道具と知識に関しては、動画サイト等でも紹介されているため、とてもやりやすくなっています。

ですが、場所の確保が難しい方もおられると思います。

もちろん、自宅で出来る方は問題ありませんが、そうではない方々にはハードルが高くなります。

さらに、オイル交換をDIYで行った結果出た不具合は、当然ながら保証の対象となりません。

ですので、かかる費用は『安心を買う』という意味合いが強いです。

エンジンオイル交換をDIYで費用を抑えるか、安心をお金で買うか、よく吟味して決めてくださいね。

まとめ

スバル・フォレスターのオイル交換についてまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか?

オイル交換時期 純正オイル 交換費用目安
1万kmか1年毎 0W-20 2,000円~10,000円

車を大切に長くのるための最も重要なメンテナンスがエンジンオイル交換です。

ご自身の車の適切なオイル情報を知りこまめな交換をして、快適なカーライフを送ってくださいね。

フォレスターが値引き金額から更に50万円安くなる裏技とは?

こんな悩み、ありませんか?

「買いたいけど・・・高いなぁ」
「頭金入れる余裕が・・・」
「ボーナス期待出来ないし・・・」
「値引き交渉苦手なんだよなぁ」
「ディーラー色々回るの面倒・・・」
「ディーラーの売り込みが・・・」
最安値で手に入れたいけど・・・」

などなど、フォレスターの購入を
検討しているけどいろいろと問題が

と悩んでいる方が
とても多くいらっしゃいます。

フォレスターの情報をネットや
友人から集めてもなかなか
有用な情報が得られず

家族に相談しても、
「じゃぁ安い車でいいじゃない」
と聞いてもらえなかったり・・・

そんな方にオススメの裏技
ご紹介します!!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がるのです。

スポンサーリンク